【生涯学習のユーキャン】危険物取扱者合格指導講座
     危険物取扱者合格を本気で目指すなら、実績・充実の教材とサポート体制のユーキャン。 
    独学だけでは不安という方効率良く学習したい方短期で合格を目指している方まずは 
    ユーキャンの無料資料請求で内容確認してみてはいかがでしょうか。

屋外タンク貯蔵所

 屋外タンク貯蔵所とは、屋外にあるタンクで指定数量以上の危険物を貯蔵、取り扱う施設を言います。屋外タンク貯蔵所の位置、構造、設備の基準は危政令11条に規定されています。


 屋外タンク貯蔵所の位置
     ■保安距離については製造所の基準に従います。
     ■保有空地の幅は以下の通りです。

  危険物貯蔵数量(指定数量の倍数)
空地の幅
500以下
3.0m以上
500を超え1000以下
5.0m以上
1000を超え2000以下
9.0m以上
2000を超え3000以下
12.0m以上
3000を超え4000以下
15.0m以上
4000を超える
タンクの直径、高さの大きい方に
等しい距離かつ15.0m以上


     ■敷地内距離(敷地の境界線から危険物を貯蔵、取り扱う屋外貯蔵タンクのソクバンまでの
      距離のこと)は、タンクの直径または高さ、危険物の引火点に応じて規定されています。

  引火点
石油コンビナート法に基づく
第1種第2種事業所内の敷地内距離
(タンク容量1,000kℓ以上)
左記以外
21℃未満
1.8×直径、高さ、50mのうち
最大の数値以上の距離
1.8×直径、高さのうち
最大の数値以上の距離
21℃以上70℃未満
1.6×直径、高さ、40mのうち
最大の数値以上の距離
1.6×直径、高さのうち
最大の数値以上の距離
70℃以上
1.0×直径、高さ、30mのうち
最大の数値以上の距離
1.0×直径、高さのうち
最大の数値以上の距離


 屋外タンク貯蔵所の構造
     ■タンクは厚さ3.2mm以上の鋼板で造ること
     ■タンクは耐地震、風圧の構造で鉄筋・鉄骨コンクリートと同等以上の耐火性能があること
     ■圧力タンクは最大常用圧の1.5倍の圧力で10分間行う水圧試験に合格済みであること
     ■タンクは内圧が高くなった場合に内部のガス・蒸気を上部に排出できる構造とすること
     ■タンクは外面に防錆塗装し、地盤面に接しているものは腐食防止の対策をすること


 屋外タンク貯蔵所の設備
     ■圧力タンクには安全装置を設置し、それ以外のタンクには通気管を設置すること
     ■無弁通気管の直径は30mm以上とすること
     ■通気管の先端は下に45°以上曲げ、雨水の侵入を防ぐこと
     ■液体危険物のタンクには貯蔵量を自動表示する装置を設けること
     ■ポンプ設備の周囲は3m以上の幅の空地を設けること
     ■ポンプ設備とタンクの間は保有空地の1/3以上の距離を設けること
     ■ポンプ設備は堅固な基礎に固定すること
     ■ポンプ設備の壁、床、柱などは防火設備を設け、網入りガラスを使用すること
     ■電気設備、避雷設備は製造所の基準に従うこと


 




【生涯学習のユーキャン】危険物取扱者合格指導講座
 危険物取扱者合格を本気で目指すなら、実績・充実の教材とサポート体制のユーキャン。 
 独学だけでは不安という方効率良く学習したい方短期で合格を目指している方まずは 
 ユーキャンの無料資料請求で内容確認してみてはいかがでしょうか。



カスタム検索

当サイトの内容に関しましては十分に注意しておりますが掲載内容に起因する事故等については管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承願います。

Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2007-2014 危険物取扱者乙4試験情報局 Allrights reserved.